介護求人のメリットとデメリットは?

介護の求人についてwebで調べていたところ介護職内でも特に評判のいい施設があるようです。

それは、利用者が日中に利用するデイケアや老人介護サービスを24時間行っている有料老人ホーム、比較的介護度の低い利用者が多いサービス付き高齢者住宅です。

人気な施設タイプだと言われていても施設を運営する事業者によって福利厚生や手当などの労働条件が異なります。

優良な事業者の見分け方としてよく言われるのが、人材募集広告が出る頻度、職員の平均年齢や離職率や企業の評判が参考になります。

また、職場見学ができるなら是非見学をしましょう。

少子高齢化により老人ホームなどの施設は増える一方です。

それに比例して介護求人件数も増えています。

でも、色々なサイトがあって自分の条件に合った仕事を探すのは大変です。

そんな方は派遣会社を利用してみてはどうでしょうか。

登録する利点として、コーディネータが職者の希望に合った職場を探し、実際に職場見学に同行してくれ、色々確認をしてくれます。

直接施設がわに聞きづらい質問や条件交渉も行なってくれます。

見学した紹介先に納得し、勤務開始後も勤務先でのトラブルなどの相談にも乗ってくれます。

勤務状態次第では、施設側から正社員登用されることも多いようです。

親族の介護に限界を感じて老人ホームの利用を検討しているけど、介護保険老人施設と特別養護老人ホームという呼称が出てきて違いがわからない。

そんな方向けに求人サイトなどで少し調べてみました。

特養は、地方自治体や社会福祉法人が運営する公的施設で、寝たきりなど特に介護の必要な方が入居可能になります。

そのため、長期的な入居にも対応しています。

しかし、公的施設で比較的安価で済むので、人気がありなかなか入居できないということもあります。

介護保険施設はリハビリなど日常生活の基本的な動作は自力でできる在宅復帰を前提としたリハビリや医療ケアをしています。

在宅復帰を目指しているので入所期間も長くて1年間くらいになります。

医療関係の資格を所持していて就職先を探している、あるいは現在転職を考えているという方、そのような方に是非お勧めするのが求人・転職情報サイトジョブパワーズです。

募集情報には業種・職種やお給料だけではなく、介護資格士の免許や、看護師の免許など資格を持っている人を募集しているかわかりやすく、今までに培ってきた経験を活かしやすそうです。

また、ブランクが長いけど大丈夫?年齢制限はセーフ?という人向けにこだわり検索機能で絞り込むことができます。

それでも心配という方は採用担当者と応募者で直接やりとりすることが可能ですので、そこで聞いてみてはいかがでしょう。

みなさんは仕事決める際に気にしていることはなんですか。

多くの人は給与面を気にしているのではないでしょうか。

やりがいを気にしないで仕事を始めた結果、仕事をしていて面白くない、この仕事に対する意義がわからないという話を聞くことがあります。

介護士の知り合いと話す機会があり、聞いてみるとなかなか面と向かって人に感謝をされる機会がないので感謝されるとすごく嬉しい、目に見えて元気になっていくのが見ることができて人の役、社会の役に立てているのが実感できると言っていました。

求人状況はどうなっているのか見てみると色々な会社が募集をかけていて希望する働き方に合う職場もありそうです。

最近、介護の世界で働いている知り合いが転職・求人サイトをよく見ているようで、話を聞いていると、介護業界とひとまとめにしても施設ごとに役割が違うことを知りました。

例えば、普段老人ホームと呼んでいる中でも介護老人保健施設(老健)と呼ばれる短期入居施設と特別養護老人ホーム(特養)と分類される施設など種類があるそうです。

老健では、家庭への復帰を目指すリハビリテーションをメインに退院後の食事や入浴などの介助を行っています。

特養では、自宅での生活が難しい要介護者を対象としているので食事や入浴、排泄などの身の回りの支援がメインになります。

仕事をする上で気になるのが給与です。

よく、賃金を上げたいなら「資格を取ろう」と言われます。

企業の経営者向けのポータルサイトが調査した結果によると資格取得支援を実施している会社は約75%、そのうちの約30%は支援期間を設けたり、受験回数に制限を設けるなど、「援助に制限をつけている企業」となっているようです。

他に給与を上げる方法としては、転職があります。

例えば、介護業界は「年々人手不足が問題になっている」という話を聞いたことはないですか?ということは、労働者としては人手不足ということは求人件数が多い=採用されやすいということです。

介護業界では資格取得の援助があったり資格取得後には給料がアップする制度を設けている企業も多いです。

あなたは介護の仕事についてどのような印象を抱いていますか?大半の方は「キツイ、汚い、給料が安い」の3Kだと思っているのではないでしょうか。

果たしてそれは真実なのでしょうか。

実は、働きやすくて自由がきく仕事なのだそうです。

例えば、日中のみのデイサービスの求人なら通常は夜勤はありませんし、1日中対応が必要な老人ホームなどの場合でも日勤だけという働き方も可能です。

逆に、夜勤の場合は夜勤手当が多くつくので積極的に夜勤に入ることで手厚い手当てを受ける方や夜勤だけを月10日くらい働いてあとは自由に過ごす方もいるそうです。

認知症の親や配偶者を介護している人の中には、「深夜に家を出て行ってしまい裸足で徘徊したことがあったので、目を離せない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そのような時に利用したいのが、グループホームです。

グループホームとは認知症でお悩みの方を対象にした少人数で一緒に生活をする施設のことです。

地域密着型のサービスゆえ入居する条件として施設と同じ地域内に住居と住民票を所持している必要があります。

日本では高齢者が増えているという現状があり、グループホームの求人も増えています。

転職活動中の方は人材紹介会社を利用するのも良さそうです。

登録すると派遣会社のエージェントから自分の希望している条件の企業が紹介され、面接対策や就業中の悩みの相談ができます。

転職時に、正社員として入社して実は条件と違いすぐに辞めてしまうということもあります。

そこで、「紹介予定派遣」で働いてみるのはどうでしょうか。

紹介予定派遣とは「正社員」と「派遣社員」のいいとこ取りをしたようもので、実際に働いて見てから正社員になるかを決める制度です。

介護業界では特に気にする人が多いと言われる人間関係や、企業側としても勤務態度などをお互いチェックできます。

不安な派遣期間時の就業や正社員登用時の給与や勤務時間などの条件交渉を派遣会社が企業と転職者の間に入ってフォローする制度です。

介護の仕事をしている姉に会い仕事の話をしました。

色々話を聞いていると「仕事量の割に給料が少ない」とぼやいていました。

きっと、同じように感じている人もたくさんいるでしょうね。

仕事の昼休みに求人・転職サイトを見てみたら最近は、1つの業種に限定された求人サイトというものが増えてきているようです。

その中で、ジョブパワーズと言う医療介護に特化した求人サイトがあります。

このサイトは、申し込んだ人と採用担当とが直接やりとりできることが1つの強みのようです。

事前に採用担当とやりとりOKというのは利用者としては納得して面接を受けることができるのでいいですよね。

求職する際に便利な大手求人サイトですが、カテゴリー分けが分かりにくく、目当ての仕事にたどり着けない、そもそも載っている件数が少ない、といったことはないですか?専門の求人サイトを利用した方が賢明です。

特に、介護業界はその傾向が顕著で大手サイトよりも掲載数が多い場合もあります。

一方で、介護を扱う転職サイトの中には実際の職場を見学できるサイトもあり、施設や設備、サービス内容、どんな患者さんがいるのかなど現場の雰囲気を事前にチェックできます。

こういったサイトの一部には長年交流がある企業も存在し、面接に立ち会っているエージェントもいるのでどのような質問が多いかをリサーチするのも良いでしょう。

高齢化社会の現代、福祉環境の仕事の重要性が訴えられています。

しかし、時代に反し、訪問系介護サービス従事者の約65%もの人が非正規という状態で働いています。

施設等を含めた全体でも約半分の人が非正規で雇用されているのが現実です。

正社員での求人はあまり行われていないのかな?と思い、求人サイトのジョブパワーズを見てみました。

見てみた結果、想像していた以上に募集をしており、所持している資格により資格手当がついている募集もありました。

非正規ではなく正規雇用として待遇改善を希望される方は、地元で募集がないか探してみてはいかがでしょう。

治療が難しい病と闘う患者さんの苦痛をできる限り少なくし、自分らしく生きぬくことができるよう支援するホスピス。

延命に力を入れるのではなく、患者が日々を穏やかに過ごせるための生活の質を豊かにするために専門のチームが親身にケアを行います。

専門チームは医師と看護師、薬剤師、病院によっては麻酔科医、介護福祉士などが待機しています。

看護師としての経験が積める可能性は高いので自身の向上を望んでいる方は求人数が少ないので、積極的に募集を探しましょう。

注意点として、報われにくい職場環境のため、辛いと感じる方もいるようです。

介護の仕事と聞くと世間一般のイメージとして仕事がきつい上に、夜勤などで時間に自由が利かない、長時間に及ぶ労働というあまり良くないイメージがあるとおもいます。

そのイメージが強いからか、夜勤は嫌だなぁ、日中だけの勤務って出来ないのかなぁと思った方、昼間だけ働くという働き方も可能なことがわかりました。

求人サイトを見るとわかりますが日中だけ運営されている施設で働けば、何か特別なことが起きない限り基本的に夜勤はありません。

また、24時間対応が必要な老人ホームなどの施設でも面接時などに施設側と交渉し日勤だけという働き方も可能です。

ジョブパワーズ介護求人の評判は?無資格OK?【派遣・パート・正社員】