FXを長期投資するときに重要なスワップポイントとは?

長期で売買するときにはスワップポイントが重要なものとなってきます。
スワップポイントは1日に1回計算される事になっていますから、スワップポイントを支払わなければならない場合もあれば受け取る事ができる場合もあります。
数日に渡ってポジションを持ち続ける場合には、まずトレンドをつかむという事が必要になってきます。
ですから、高くなれば売って安くなれば買うというような逆張りを続ける事は難しいと思います。
ただしスワップポイントも考慮しなければなりませんから、ポジションを持たないという事も考えて置く必要があります。
例えば豪ドル円が下げトレンドに入ったと思ったときには売りポジションを持というとするでしょう。
しかし、高金利通貨を売るとスワップポイントを支払わなければなりません。
ですからレートの変動によるキャピタルゲインとスワップの支払いによるインカムロスの比較をしなければならないのです。
このような複雑な事を考えて売買するのは難しいと思いますから、FXで豪ドル円を売買するときには上昇トレンドの時に買いポジションだけで、それ以外のときは売買しないと言うのが良いと思います。