被災地支援と子供の関係

家族や知り合いが目の前で亡くなった事は子供にとって非常に衝撃的だっと思います。
(汗)(涙)被災地支援を考える時、食料、日用品、勉強道具などの物質的なことを考えがちです。
しかし、それよりも精神的なケアが必要になることが多いようですね。
当たり前の事ですが、被災地支援と言うものは、多くの人たちによってなされます。
その中には医師、看護師、学校の先生、保育士も必要と言う事ですね。
東日本大震災では、両親と家族を失くした子供たちが沢山います。
当たり前のことですが、子供の将来を考えてやる大人が必要ですよね。
大人でも、立ち直りきっていないのに子供に立ち直る事を要求するのは酷なのかもしれませんね。
しかし、子供の笑い声が避難所で聞こえることがあります。
(笑顔)子供の声が大人の心を癒してくれると言うことですね。
(笑顔)避難所での生活は退屈でもあります。
あとプライバシーの問題もあります。
ボランティアの保育士などが、子供と一緒に遊ぶ姿が見受けられますが、震災の後を担う世代なので、元気になってほしいものですね。
(笑顔)いつまでたっても、一人になる事が怖い子供もいるようですね。
(汗)。
多くの精神科医がPTSDの予防を心配して、それに対する対策も専門チームにより行われています。
しかし、一番身近にいる大人が子供に気配りをしなければいけません。
日常生活の中で癒されていく事が一番大切だと言えます。
(笑顔)
正看護師転職.com!資格を取るには?【国家試験の難易度は?】